コーヒーで便秘を解消

便秘は苦しいですね。実際にお腹が苦しくなくても、何日も便が出ないのはストレスになりますね。 便秘症の人でなくても、コーヒーを飲むと腸の動きが活発になり、便意を催すそうです。 これはコーヒーに含まれているカフェインの働きが関係しているのです。カフェインには腸の収縮を促す神経を刺激する働きをします。その為、便意を促すことになるのです。 ですから、普段はコーヒーを飲まない人がコーヒーを飲むと、急性の便秘の改善にも効くそうです。
便秘で悩んでいる人は、朝コーヒーを飲むようにするのが良いです。これで朝から腸の活動を活発にすることが出来、猿臂解消へと繋がっていくことが出来ます。朝排便をする人は多いですから、出来るだけその習慣に近づけることが大切です。
またカフェインにはアデノシンと言う神経伝達物質の妨害をする働きもあります。アデノシンは膀胱壁のしゅうしゅくや膀胱括約筋の働きを抑制する作用をします。また、アデノシンは眠気を誘発するものです。それをカフェインが阻害するので、コーヒーは眠気を覚ます効果があるのです。 また、排便を抑制するアデノシンを取り除くので、便秘解消に役立つのです。
ただ、カフェインは作用が強いので、便秘症でない人があまり飲み過ぎると、折角の腸のリズムを壊してしまうことがありますので、注意が必要です。 また、コーヒーに含まれるタンニンにも注意が必要です。これを飲み過ぎると、便秘の原因にもなりますので、飲み過ぎないように注意して下さい。
効果がある便秘解消方法ですが、妊娠中の便秘などはカフェインが多いのでしないようにしまよう。コーヒーは香の動きを活発にして便秘症を治すと同時に飲み方によってはかえって便秘症を招いてしまうkともありますので、自分なりに加減をして、ちょうど良い所を見つけて行くようにして下さい。